SO
Illustration, Graphic, Web

Column04.08.2016

おとなのポケモンGO

イーブイ2
イーブイ可愛いなぁと思って気軽に描き始めたけど、これがめちゃくちゃ難しい。当たり前と言えば当たり前だけど、ちゃんと動物の骨格を理解してないと描けない、一流のキャラクターデザイン。

何も知らない人には危ないニュースしか入って来ないと思うけど、人気のなかった公園に人が集うようになり、若い人の姿を見て嬉しくなったお年寄りが草刈りを始めたり、みんなでゴミ拾いするなど微笑ましい話もあるし、そんなに一緒に出歩くことがなくなった高学年以降の親子が散歩に出掛けるようになったりと、良いニュースも毎日事欠かない。(ついでに拾われてる猫の数も増えているというのも個人的には良い話)


小沢ファーム母子はタッグバトル???おばさんはもう解らない…とにかく二人で楽しく遊んでいるようだ。(パパもかな?)小沢ファームの友人は驚くべきポケモンネイティブ。昔、彼女が話してたことが今ようやく理解できるのは嬉しい。そしてこれも随分前に会った他の友人の息子くんに「ポケモンわかる?言える?」と聞かれ、ごめん、あんまり解らない、今度までに覚えておくね…と言って別れたことを思い出す。覚えておくね…と言った時の笑顔が忘れられない。彼はもうすっかり大きくなったと思うが、またポケモンをやっているだろうか…。

(ちなみに小沢ファームの庚申さまはなんとポケストップである。新鮮な野菜とモンスターボールは小沢ファームで!)
IMGP4105

規制したり解放されたり、これまたやっていない人には訳がわからないと思うが、このゲームは危ないものではない。危ないのは夢中になってしまう大人だ。メールだって電話だって運転中にやれば危ないし、最初の頃は色々と言われたものだ。ルールの中でなんとか『大人が育って』今がある。まず簡単に言うとメールや電話と同じで、立ち止まって出来るものだし、逃げるものでもない。(逃げられることはあるけど物理的に追いかけるものではない)つい画面を見てしまう魅力は確かにある。そのぐらい面白いのだ。あとは理性の問題じゃないだろうか、大人だし。

子どもの頃どうしてもやらせてもらえなかった人は、ポケモンGOで「自分の中の小さな子どもが癒された」と言っていた。これも考えさせられる。なんでも自由にやらせるのが良いとも限らないし、それぞれの家庭での方針もあるだろう。みんながやってるから…という理由も必要ない。やりたい子もやりたくない子も、その子の選択なら素敵だ。危険がないよう見守るのが大人の役目じゃないだろうか。見守れるよう知識を付けるのも、また大人だと思う。(子どもがいない者の勝手な物言いだが)

と言う訳で、これは大人として、Webに関わる者として必要な知識のためですよ、ええ。という名目の下、ポケモンゲットだぜ。

2016-08-03-16.14.39