SO
Illustration, Graphic, Web

Column04.08.2016

おとなのポケモンGO

イーブイ2
イーブイ可愛いなぁと思って気軽に描き始めたけど、これがめちゃくちゃ難しい。当たり前と言えば当たり前だけど、ちゃんと動物の骨格を理解してないと描けない、一流のキャラクターデザイン。

何も知らない人には危ないニュースしか入って来ないと思うけど、人気のなかった公園に人が集うようになり、若い人の姿を見て嬉しくなったお年寄りが草刈りを始めたり、みんなでゴミ拾いするなど微笑ましい話もあるし、そんなに一緒に出歩くことがなくなった高学年以降の親子が散歩に出掛けるようになったりと、良いニュースも毎日事欠かない。(ついでに拾われてる猫の数も増えているというのも個人的には良い話)


小沢ファーム母子はタッグバトル???おばさんはもう解らない…とにかく二人で楽しく遊んでいるようだ。(パパもかな?)小沢ファームの友人は驚くべきポケモンネイティブ。昔、彼女が話してたことが今ようやく理解できるのは嬉しい。そしてこれも随分前に会った他の友人の息子くんに「ポケモンわかる?言える?」と聞かれ、ごめん、あんまり解らない、今度までに覚えておくね…と言って別れたことを思い出す。覚えておくね…と言った時の笑顔が忘れられない。彼はもうすっかり大きくなったと思うが、またポケモンをやっているだろうか…。

(ちなみに小沢ファームの庚申さまはなんとポケストップである。新鮮な野菜とモンスターボールは小沢ファームで!)
IMGP4105

規制したり解放されたり、これまたやっていない人には訳がわからないと思うが、このゲームは危ないものではない。危ないのは夢中になってしまう大人だ。メールだって電話だって運転中にやれば危ないし、最初の頃は色々と言われたものだ。ルールの中でなんとか『大人が育って』今がある。まず簡単に言うとメールや電話と同じで、立ち止まって出来るものだし、逃げるものでもない。(逃げられることはあるけど物理的に追いかけるものではない)つい画面を見てしまう魅力は確かにある。そのぐらい面白いのだ。あとは理性の問題じゃないだろうか、大人だし。

子どもの頃どうしてもやらせてもらえなかった人は、ポケモンGOで「自分の中の小さな子どもが癒された」と言っていた。これも考えさせられる。なんでも自由にやらせるのが良いとも限らないし、それぞれの家庭での方針もあるだろう。みんながやってるから…という理由も必要ない。やりたい子もやりたくない子も、その子の選択なら素敵だ。危険がないよう見守るのが大人の役目じゃないだろうか。見守れるよう知識を付けるのも、また大人だと思う。(子どもがいない者の勝手な物言いだが)

と言う訳で、これは大人として、Webに関わる者として必要な知識のためですよ、ええ。という名目の下、ポケモンゲットだぜ。

2016-08-03-16.14.39

Life06.06.2016

MIYAKE ISSEY展 三宅一生の仕事 / 国立新美術館へ行ってきました

2016-08-03 11.38.52
去年、知らされた時からずっと楽しみにして、店頭でいただいたフライヤーをボードに貼っては眺めていたMIYAKE ISSEY展。ようやく行くことが出来ました。

2016-06-06 15.09.25
国立新美術館、というだけで既に見所です。

2016-06-06 14.57.44
2016-06-06 14.57.35
入口から三宅さんの世界が始まり、案内のひとつひとつも見落とさないように、逸る気持ちを抑えながらゆっくり、ゆっくり進みました。

どの作品も360℃ぐるりと見ることが出来る展示は本当に嬉しい。後ろに回れないものは背後に鏡を置くなど、見る人への配慮がひしひしと感じられました。

2016-08-03 11.40.49
中でも目玉と言えるのは、コレクションのミニチュアを実際小さなトルソーに着せられること。異なるデザインのものが3着あって映像に合わせて着せたり畳んだりすることが出来ました。

最初は「見てるだけでいいや」と思い、恐らく服飾系の勉強かお仕事をされているだろうお兄さんの作業(他の人より縫製や仕組みに対して熱心だった)を眺めてたのですが、目の前で見てるとなにか違う。ぐいぐい引き込まれる「不思議」と「美しさ」があり、やっぱり触ってみないと、という気になるのです。そして実際やってみると「ただ見てるだけ」と「着せてみる、畳んでみる」とは大違いというのが実感でした。

人も並んでおり、結構時間もかかるので気に入った一着だけ…と思ったのですが、一着着せてみると後のデザインもどうなってるのか気になってやらずにはいられない。ああ、時間がたっぷりあって本当に良かった。しっかり3着着せてきました。着せた後は皆、三宅さんのマジックに放心状態。お荷物を忘れないよう…と注意書きがあるものの忘れる方続出(笑)

その後は映像作品。こちらも5本流されるので全部観ようとすると結構な時間がかかります。いやいやしっかり観ましたよ。過去の映像や素材を作る人々の様子、デザインのコンセプトに合わせた水中での撮影や風にたなびく姿はコレクションの究極の美しさが現れていて「こういうことだったんだ」と思うことばかりでした。

映像のブースを出ると、大きな壁一面に綴られた三宅さんの仕事年表に圧倒されます。他の人の何倍も生きているような仕事の量…見渡すのが精一杯。私はこの何万分の、何億分の一を生きられるのだろうか…宇宙をただよう塵のような気分に…。(それもおこがましいと思いつつ)

Twitterなどでサーチしてみると「軽く3時間いた」「見応えあり」「実際着せられるのが良かった」という声が多く、やはりやはり。皆さん、そうでしたよね。

2016-08-03 11.39.56
配布されていたガイドブックは子ども向けだけど勿論大人も楽しめる仕掛け。そうそう、普段見ることが出来ないミヤケデザインの「子ども服」がとびきり可愛らしかった!子ども向けのワークショップもあったようだし、その中から未来のデザイナーさんが出てくるのだろうね。

期待以上、観覧料以上の価値と満足。人を楽しませるってことをとことん考えられた展示でした。
行くことが出来て本当に良かった!

Design05.06.2016

ストロボ撮影ワークショップ中級に参加してきました

2016-03-26 15.57.45
ストロボ(フラッシュ)撮影のワークショップは2回目。
今回は実際に外付けストロボ(フラッシュ、スピードライトなどなど)をワイヤレス発光して撮影しました。

IMGP4890
会場近くのショコラティエ・ミキさんでボンボンショコラを購入。おいしいものをおいしく写すのは難しくも楽しいことです。
被写体の手前から奥までをくっきり写すにはどこにピントを合わせれば良いかなど、具体的なコツも教えていただきました。

IMGP4899
こちらの方がチョコレート主体になるかな?

この日は『持ち寄りスイーツ撮影』だったのですが、中には漆器など写すのが難しいものをお持ちの方もいらっしゃって、背景色の選び方や置き方、光の入れ方など非常に勉強になりました。

IMGP4901
カメラのメーカー、種類などに分かれて(設定が各社様々だから)の撮影。
我らPENTAX組は奇遇にもチョコレート繋がりでもありました。旦那さまのお土産のモーツァルトクーゲル、お持ちになられた方は「センスないでしょ〜」と笑っていらっしゃいましたが、いえいえさすがモーツァルトさん、フォトジェニックです。蓋の置き方やキラキラしたものの陰影など、これは写してみて勉強になるな〜と思いました。(もう少し手前にもピントを合わせたかったでござる…)

撮影だけではなく機材の扱い方や選び方、撮影ブースの作り方、またカメラ回りの楽しいお話までたくさん聴かせていただいて、今回も大変貴重な時間を過ごすことが出来ました。また参加したい…!
(個人的には飛行機撮影ワークショップを希望!と言ってみたら実現可能なお話をしていただけたので楽しみです)

教えていただくことも貴重で大事ですが、何より自分から撮って行かないと。ですね。今後の仕事に活かせるよう精進いたします。