SO
Illustration, Graphic, Web

Column06.05.2016

愛されて育つこと『ALEXANDRITE』成田美名子・作

IMG_3059

折りに触れて読みたくなる、と言いながら手放して随分たってしまっていた成田美名子・作『ALEXANDRITE』。以前勤めていた事務所にはあったので、たまに開いてはじんわりとツボを衝かれて棚に戻していたのだが、どうやらKindle版が出ている模様。(前に探した時なかったのにな〜)

ごく最近、読み返したくなった箇所はヒロイン、アンブローシアが高校生の時、警察官である父を殉職で失うという回想シーンだ。回想してるのは主人公のアレックス。父親に恵まれなかった(と思い込んでる)アレックスが、何不自由なく育ったアンブローシアに対し「これで少しは苦労を覚えるだろう」と思い見に行くと、彼女は取り乱すこともなく静かに涙を流しているだけだった。「くやしくて悲しいのよ ね、わかる? もうパパになにもしてあげられないんだってことが 悲しいの」自分との違いに打ちのめされるアレックス。いつも何かをしてもらうことばかり考えていた自分を省みるのだった。

正直このシーンは当時、私も高校生で「そんなものかな」という程度だった。今更ながら解るアンブローシアの気持ちは、例え高校生の頃、親を亡くしたとしても共感できただろうか、とは思うが、二十年を超えて届くメッセージがあるということにこの作品の力強さを感じる。

それからもう一つ、アンブローシアを語る周りの大人による「愛されて育った子は強いわ 大丈夫」という言葉。これも当時は解らなかったと思う。

というのも、似たような話(と言って良いものかどうか…)に、盲導犬のパピーウォーカーがあった。盲導犬になるための犬は約10ヶ月、パピーウォーカーの家で愛情たっぷりに育てられる。ということはよく知られていると思うが、私は子どもの頃、それが良く解らなかった。1年近く甘やかされて育って、急に厳しい訓練をされたら、裏切られたって思わないのかな?優しさを知ってる分、辛くないのかな?勿論、今なら充分に解る。甘やかされるのと愛されるのは全然違うこと。愛されて育ったからこそ、人を信じられるからこそ、厳しい訓練にも耐えられるし、人の役に立つ喜びもある。

盲導犬の話とアンブローシアの話が繋がったのは、大人になってからだ。私は決して豊かではないが何不自由なく育ったことにコンプレックスを感じていた。幼い頃から苦労をしていた友人が多かったこともある。一人っ子がまだ珍しい時代、甘やかされたと言われることも少なくなかった。環境に関しては豊かであろうとなかろうと、兄弟が多かろうと少なかろうと、一人として同じであることはないのだから、それが人格を決定づけることはないと思うが、私にも私なりの強さが備わっているのだろうと思えるようにはなったのは、30歳の時に父の全介護を経験したことからだった。

さて、アンブローシアに少しだけ僻んだ恋心を持っていたアレックスも物語の終盤には自分がどれほど愛された存在であったか知ることになる。それはアンブローシアのように何不自由ないものではなかったけど、環境や時代の流れ、大人達の事情も、自分が大人になったことで知る機会を得られ、理解が進んだこともあった。愛される形は一つではないのだ。そうそう、殺処分を免れた犬が災害救助犬になったという話もある。愛を知るのに遅すぎるということはないのかもしれない。

以上のエピソードは物語のほんの小さなエッセンスで、大筋はコロンビア大学の生徒達による青春グラフティだ。(正確には代表作である『CHIPHER』の続編なのだが)日本人留学生ハットリを通してちょっとした留学気分も味わえるし、アレックスが空手と柔道をやっているため日本旅行のシーンもある。時代をしっかり設定している作品だけあって、当時の円高ドル安が垣間見え、今読むからこそ感じることがあったりもする。

Kindle版も手に入れたし、またいくつかの発見があるのだろうなぁと思うと、まだまだ楽しみな作品だ。

Design13.02.2016

和文と欧文「欧文組版の基礎の基礎、そのまた基礎」 に参加しました

IMGP2278
欧文活字印刷で有名な嘉瑞工房の高岡さんに、欧文組版の基礎について講義していただける場が大阪で。
高岡さんは、写真で見るより若々しくて軽やかな感じでした。

いつも東京の講座が羨ましくて、今回は参加できる場所で本当に嬉しい!とアンケートに書いたものの、近くの人ではないですな…。春から始まるという連続講座は…うう、行きたいなぁ。こういったイベントを名古屋でやっていただけるともっと嬉しいですが、比較的安価に日帰りで行ける範囲である大阪も充分有り難いです。

IMGP2277
セミナーの内容は色んな意味で書けませんが(笑)高岡さんの言葉で「これは誰が読むの?」と繰り返されていたことが印象的でした。今まで私自身も繰り返し言われて来たこと。それは間違いないことなんだ、と改めて思いました。

見る人、読む人のことを考えてデザインする。

最後に高岡さんの名刺をいただいて(これは勉強になるぞ)(あ、バーコ印刷だ)(わ、この書体、大好きだった…!)会場を後にしました。

またチャンスがあれば参加したいです。まだまだ知りたいことがたくさん。
あと大阪も、また行きたい!

Life01.02.2016

東京のハーブ農家、ニイクラファームさんへ行ってきました

IMGP4196
小沢さんの車に乗せていただいて、ちょっと。場所は東久留米市から西東京市へ。小沢さんの親戚にあたるニイクラファームさんへもお邪魔することになりました。

ドアを開けると、まず飛び込んできたのはお父さんの会話。「タラゴンはなぁ…」え、タラゴン?タラゴンがあるの??タラゴンと言ったら、そこらで見かける物ではなく、フランスのお土産だとか、どこかの有名シェフが使う話でしか聞いた事ないよ。

それもそのはず、ニイクラファームさんは東京の有名レストランから厚い信頼を寄せられており、大手メーカーの名前でも出荷している、ハーブでは有名な農園なのです。知らずに来てしまってすみません…。

ほどなくして息子さんがいらして「さぁ、何からお話ししましょうか?」え、あ、東京の専業農家さんについて…「厳密に言うと、うちは専業じゃないんだよね。あと、実は東京に『農地』はないことになってるんです。」えええ!?

そこから始まった都市農業と、いわゆる農村部と呼ばれる地域との違い…。三大都市、政令指定都市にあるのは農地ではなく『生産緑地』であること。管轄は農林水産省ではなく国土交通省であること。それによる自由と不自由。利点と欠点。時代の流れによって扱いも違えば言われることも違う。そんな中、ニイクラファームさんは先祖代々受け継いだこの土地で、常に未来を考えて農業をされて来たそうです。この土地、東京で求められているもの…それこそが今のハーブな訳です。

IMGP4157
ハーブ以外も変わった野菜がたくさん。最高の笑顔でりっぱな大根を抱えるお父さん。こちらは「お袋大根」と言うそうです。煮込み料理に最高なんですが、なにせこの大きさ、流通させるのが難しく、ほぼ地元で消費してしまうのだとか。

IMGP4159
印象的な色の赤大根。まぁ普通に大根として食べれば良いそうですが、小沢さんに「こういうのは、おしゃれなレストランの料理にちょこんと載ってるのがいいんだよ〜」とはぐらかされてしまいました。

IMGP4158
毎日どーんと新鮮なハーブが出荷されて行きます。宛名を見ると…錚々たる行き先ばかり。ちなみにこの爽やかで可愛いらしいマークとロゴは、デザイナーである小沢さんの妹さんのお仕事。いいですね〜!

IMGP4161
さて、お話を伺いつつ、ハーブの見学へ。まず外に出ると「あの建物の2階、窓がありますけど何か判りますか?」えーっと…それはもしかして小沢さんちにもあった、デザイナーの妹さんがギャラリーの名前にしている…「蚕室、昔はおかいこさまがいたんです。」やっぱり!この辺りは皆さんそうなんですね。農業と蚕業を兼ねてらしたそうです。お聞きしてはいたけど、東京で絹が作られていたという事実は、やっぱり不思議な感じ。

IMGP4162
「それからこの石、実は漬物石なんです。」仕切りのような、囲いのような使われ方をしている石がたくさんあったのですが、それが全部漬物石ですか?「昔は大きな樽で漬け物を作っていたんです。今はやってませんが、またいつかそんな時が来たら、漬物石探すの大変でしょう?こうしておけば、いつでも使えます(笑)」さすがです、常に先を見越しています。

「そこ、この前の雪で」え?うわあああ!

IMGP4200

IMGP4163

IMGP4164
幸い誰も中にいない時だったそうですが、昼間の休憩中、ドスンと大きな音がして見に来たら、すでにこんな状態だったそうです…皆さん、ご無事で何より。(中のスペアミントさんもとりあえず無事で何より)
今回の雪は積もった後、雨になったせいで重くなり、ハウスが耐えられなかったそうです。

IMGP4167
何もないように見えますが…

IMGP4168
ちゃんとハーブが育ってます。

IMGP4173
一口にレストランのシェフと言っても色々ある訳で…イタリアンのシェフは大きい物、フレンチのシェフは小さい物を好まれるそうです。と言うと「バカ言うんじゃない、ウチが標準だ!」とケンカになるので(笑)イタリアサイズ、フランスサイズなどなど、分けて出荷するため、敢えて成長をずらして育てるそうです。お好きなサイズでどうぞ〜。

IMGP4187

IMGP4189
ブオン!という音に振り返ると奥のマシンがビニールの筒に温風を送り始めました。こうして温度調節をするんですね。筒がふわっと膨らむ瞬間は結構壮観。人間にもこの温かさはありがたい。

IMGP4185
「うちはカタバミも育ててるよ」カタバミって食べられるんですね!

IMGP4201
ここは入っただけで何があるか解るほどの芳香…ローズマリーの森!

IMGP4205
森と言うに相応しい生い茂り方です。かき分けかき分け奥へ進むと…

IMGP4206
花が咲いてる場所へ。

IMGP4207
花が咲いたら使えないんですか?「いや、むしろマイルドになるから、花が咲いてるところが欲しいって言うシェフもいますよ」そうなのか〜。「花も食べられますよ」このまま?花を?恐る恐る口へ運ぶと、なるほど柔らかい甘み。どんな料理に合わせるのかなぁ…。

IMGP4203
珍しい南山椒(カレーリーフ)も。

IMGP4192
手前が赤小松菜で…

IMGP4193
奥が赤法蓮草。一緒に育ってましたが、こうして見ると結構違いますね。

IMGP4212
珍しいナスタチウム。日本のわさびの風味に近いです。サンドイッチの薬味などに使うそう。もし外国で、わさびがなくて、そばを食べたいと思ったらナスタチウムを薬味に…と考えてしまいました。

IMGP4215
「ここにも!ヒヨドリが!」小沢さんの声に振り返ると…
黒キャベツのどこかがひよどりにやられているらしいです…私にはわかりません…。それにしてもこれ、おもしろい野菜ですね。キャベツの原種に近くて、収穫できる回数が多いそうです。


ひとつひとつ見る度に丁寧なお話を伺いながら、ぐるりと回ると日が暮れて。
事務所へ戻ると農園の守り神さんがいました。御歳十六。頼もしいです。

IMGP4218
温かいお茶をいただいていると配送業者さんがやってきて、慣れた様子で次々と出荷作業。こんな風に、全国に、数十年前までは名前すら聞き慣れなかったハーブが新鮮なうちに届くんだなぁ。

「東京で農業って?」という軽い気持ちで伺った今回、不勉強な私にはとても書ききれるものではない深いお話を沢山伺いましたが、小沢ファームさんのTwitterなどから感じていた「東京の農家の真剣さってなんだろう?」という密かな疑問の答えは、ニイクラファームさんからいただけました。常に耕し続けること、受け継ぐこと、土地を守ること、未来を考えること。都市という厳しい条件の中で地に足をつけて生きること。時代と共にしなやかに変化しながら「変わらない」こと。

IMGP4174
本当にいい仕事を見せていただきました。ニイクラファームさん、そして繋げてくださった小沢ファームさんに心より感謝です。

>> ニイクラファームFacebook
>> ニイクラファームInstagram